So-net無料ブログ作成

ジェフさん奇跡の盛岡ライブ! [JEFF BECK]

なして盛岡さ来たんだべ~

東京、大阪、名古屋、横浜、札幌と200万人クラスの大都市の中に
ポツんとMORIOKA CITY!!
人口30万人の岩手県の県庁所在地。
自称・北東北の拠点都市。(汗)

resize0722.jpg

まあ、よがんす。
冥土の土産に観さ行ぐべ!

それにしても、年齢層が高っ!
そして野郎率も高っ!

5時開演。
そうしたら、本当に5時に開演したじゃ!
先日のストーンズ様は30分遅れて始まったのに。



ジャジャジャ!
ジェフさんがテレキャスターを弾いているじゃ!



ニッポン・スペシャル?
桜のアレンジだべが?



ん?
最後にこれかい!
盛り上がらんべや!!

アンコールを合わせても1時間45分で終了!

短っ!!

ボブ御大も来日中だど。
10年くらい前に秋田さ来てたずおんな。
そん時、観さいってればいがったじゃ。

御大たちが来日と自分のチャンスが合致する機会は限られて
いるなあ、としみじみ。

nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジェフ・ベック盛岡公演 [JEFF BECK]


image-20131223204653.png

全く巡回していなくてスンマセン。
コーフンしております。
何故か、ジェフのベックさんが盛岡にやってくるのです。
それも、わんこそばや冷麺を食べに来るのでは
ありません。
ギターを弾きに来るのです。

東京、横浜、名古屋、大阪、札幌と5大都市を回り、何故か盛岡にも来るのです!


image-20131223205225.png

昨日から、一人ジェフ・ベック祭り開催中です!
スーパー・ハイテンションです。

今日から先行予約の受付開始なのに、何故か
ミッツがすでにゲットしていました。
ありがたや〜


image-20131223205525.png

冥土の土産になります。


まだ4回しか聴いていないけど・・・ [JEFF BECK]

P1010517.JPG

買いました。

2枚も!(AHO)

Amazonで以前にカートに入れていました。
そして、いざ購入する際、またまたポチっとしたのです。
荷物を開けてビツクリいたしますた。
同じものが2枚入っておりました。(涙)

返品できるようなので、速攻で手続きしました。
送料740円でした。
1600円の商品を返品するためになら740円は惜しみません!(涙・涙)

そんなことがあったから?
いえいえ。
中味だけの評価です。

なんじゃこりゃあ!

ガッカリだよ!

イナバウアーにオーバー・ザ・レインボー。。。

すんません、今回のはダメです。


エモーション・アンド・コモーション

エモーション・アンド・コモーション

  • アーティスト: ジェフ・ベック
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2010/03/24
  • メディア: CD



nice!(11)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジェフさんのライブアルバム [JEFF BECK]

P1010019.jpg
実は持っていました。
今まで黙っていました。すんまへん(^^ゞ

so‐netのブログって重いのよね。
ケータイからやった方が楽だったりして。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

釘付け [JEFF BECK]

ワタクシが出入りしている数少ない釣り以外のブログ
「ビスケット・タイムの雑記帳」
のmakoさんがジェフベックのライブに行く記事を見た。
ワタクシはライブには行けないのでBS-hiのライブでお茶をにごすことに。
それにしても、ナイスタイミングでの放送でした。

2007年11月、ロンドンの老舗ジャズ・クラブ、ロニー・スコッツで収録された
ライブで、時々観客席のアップが映ったけど、バーシーしかわかりません
でした。


pic_jeffbeck_l.jpg

BECK’S BOLERO
STRATUS
CAUSE WE’VE ENDED AS LOVERS
YOU NEVER KNOW
NADIA
BLAST FROM THE EAST
LED BOOTS
ANGEL (FOOTSTEPS)
PEOPLE GET READY
SCATTERBRAIN
GOODBYE PORK PIE HAT / BRUSH WITH THE BLUES
SPACE BOOGIE
BLANKET
BIG BLOCK
A DAY IN THE LIFE
YOU NEED LOVE
WHERE WERE YOU

女性ベース奏者、タル・ウィケンフェルドの胸にベースのボディがあたって
ますます強調されるところにも釘付けになったが、やはり、ジェフさんの
ギターに感動しました。
ストラトキャスター+指+トレモロから繰り出されるまさに「魔法の音色」でした。
ジェフさんはピックを使わないことは知っていましたが、初めてちゃんとした
映像でその弾き方を見ました。

ホント、テレビに釘付けになって見入っていたのですが、なぜか
「SPACE BOOGIE 」以降の記憶がありません。
見入りすぎて、目を開けたまま寝てしまったようです。(汗)

P1010001.JPG
(このベースの女、スゲーな)

BS2での再放送希望!(涙)
LED BOOTS 最高!

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ワタクシの耳はバカ耳か? [JEFF BECK]

昔のロックを探求する旅も、その時々でいろいろありまして。。。
最近、激しく聴いているのが70年代の後半から80年代初めの頃の
やつでして、JAMとかクラッシュ、ポリスなどがパワープレイされて
おります。

それと、ロックに戻ってきてから3年が経ちますと、欲しいのもかなり
購入してしまい、量より質にチェンジしてきました。
量より質、というのは、数年前だとやみくもにオークションで旧規格盤
CDだろうがレコードだろうが、安くゲットできればいいじゃん、という
考えから、リマスター音源とか紙ジャケなどにこだわるようになって
きました。

今回買ったのは、ジェフ・ベックの「ワイアード」です。
僕ちゃんが高校生の頃、みっつ氏の家で聴かされ、CD時代に突入
して早い時期に購入したCDです。
1986年に発売されたようなので、22年前に買ったCDです。
1曲目の「レッド・ブーツ」でいきなりぶちかまされます。
これなら、昔のCDとリマスターされたCDで明確に音の差がわかるの
では?と思って買いました。
本当は、レコードしか持っていない「ブロウ・バイ・ブロウ」の方が最近は
お気に入りなのだが、「ワイアード」の方が最後の1枚の紙ジャケだった
ので、そっちを買った。

P1000791.JPG

それで、昔のCDと聴き比べを開始したのだが・・・
う~む・・・イマイチわからん。
曲によっては、自分で言い聞かせないと違いがわからないのだ。
たしかに、音圧が上がり、音のクリアーさも新しい方が良い。
けれども、22年前のCDがダメか?というとそうでもない。

                                               つづく
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ジェフベック強化月間その3 [JEFF BECK]

171.jpg
月が替わってしまったけど、ジェフベック、最近激しく聴いています。
この第二期ジェフベックグループの2枚目のアルバム、通称「オレンジ」と言うらしいが、僕ちゃんたちは東北弁で「みがん」と呼んでいた。
当然、第一期の時のベック-オラは、「おらだちはリンゴって呼んだべさ」

ボブ・ディラン、ダイアナ・ロス、スティーヴィー・ワンダー等のカバー曲がアルバムの半分近くを占めているらしい。
レコードでしか持っていなかったので10年以上聴いていなかったのだ。
昨年、ロックを語りにみっつ宅に遠征し、その時にCDがあったので、ピーコさせていただいた。

感想は、ボーカル曲も良いのだが、それ以上にインスト曲が素晴らしい。
ロック50年という昨年の暮れにBSで放送された番組で、第二期ジェフベックグループのPVが流れたが、それは9曲目のインスト曲「Definitely Maybe」だったし。
ボブ・テンチというボーカルの人も全然悪くはないんだけどね。

それで、この第二期ジェフベックグループを解散した後に、ジェフベック以外の主なメンバーで「HUMMING BIRD」というグループを結成して、なかなかかっちょいいアルバムらしいのだが、現在CDでは廃盤。
某オークションでも千円から3千円くらいの値段になるので購入できないでおります。
是非、聴いてみたいのだが。。。


ジェフベック強化月間・・・その2 [JEFF BECK]

ジェフベックは3大ギタリストの中では、もっとも知名度は低いと思うよ。
でも、3人の中で、21世紀でも新しいのを聴きたいのはジェフベックくらいだよね。
悪いけど、クラプトンは「歌手」になってからはそれほど興味ないし、ジミーペイジはZEP以降というのはイマイチだと思うし。。。
やっぱし2枚アルバムを出すごとにバンドがポシャってしまう生き方に元ロック少年は憧れてしまうのだろうか?
いんや、それだけではないよね。
やってる音楽がカッチョ良いもんね。
1989年リリースということで、僕ちゃんの聴く音楽にしてはかなり新しい。(^^ゞ
僕ちゃんが「Beck-ola」を500円で落札したオマケでついてきたこのアルバムは、現在発売されているのとはジャケットが違うのよ。

205.jpg

現在発売されているCDのジャケット

オマケとなっているが、僕ちゃんとしてはオマケが目的で落札したので、なにか違うのだったらいやだなあと思ったが大丈夫でした。

どうしてジャケットが変わったのかな?
ストーンズの「ベガーズ~」みたいな、なにかがあったのかな?

中味ですが、前作の「Flash」と違い、モロに時代を感じさせるアレンジではなく、21世紀に聴いても全然違和感がありませんでした。
このアルバムは聴き続けるね。


ジェフベック強化月間 [JEFF BECK]

126.jpg
「Flash」を落札した後、急にジェフベックの新しいのをもう少し聴きたいと思い、順番に攻めていこうとなり、「Guitar Shop」と「Who Else」を某オークションで物色していた。
そうしたら、【「Beck-ola」落札したらオマケで「Guitar Shop」付き】というなかなかスゴイやつを見つけてしまい、思わず入札。
「Beck-ola」はレコードで持っているし、さらに「Truth」と2枚を1枚のCDにまとめたやつをCD-Rで持っていたのだが、僕ちゃん的には「Guitar Shop」のオマケで「Beck-ola」の気持ちだったが、見事、最初の入札価格から値段が上がらず、500円で落札!

感想・・・

チョーカッコエエ!!!!

ロッドのボーカルとニッキーのピアノがスゲー!

オリャー~!!!

なんか、ZEPの「Ⅰ」に通じるようなものを感じた。
第1期JBGが彼のキャリアで一番かっこ良かったんじゃないか。
この人たち、そのままやっていたら、ホント、ロック界の歴史が変わっただろうな。
ストーンズにロニーは入らなかっただろうし。

問題は、音だな。
レコードと同じようにこもっている感じがする。
2枚1組の「Beck-ola」はデジタルリマスターというやつをしているのかな?
それと比べると、今回落札した単品の「Beck-ola」はイマイチのような気がする。
(気のせいだけなのかもしれないけど。)

プレスリーのカバーが2曲。
演奏時間約31分。
聴け!

ジェフベック100円 [JEFF BECK]

234.jpg

ジェフベックの新作100円でゲット!

と言うのは、僕ちゃんは高校生の頃、ジェフベックをけっこう聴いていたようだが(あまり記憶がないのだが、なにせたくさん持っているから聴いていたのだろう、と判断することにした。)80年発売の「There and Back 」を最後にジェフさんの新しいのを聴いたことがなかった。
この「Flash」が発売されたのが85年なので、僕ちゃんが高校を卒業するまでは、「There and Back 」が当時のジェフべックの最新作ということだったのだ。

この「Flash」が発売された頃は、どんな音楽を聴いていたんだろう?
ネオアコとかだったかな?
スタイル・カウンシル、アンテナ、E.B.T.G、アズティック・カメラ…多分、そんな感じの方向に走っていたかもしれない。

さて、僕ちゃんにとってのベックさんの最新作の感想だが…
ロッドさんと久しぶりに組んで1曲やっていることは事前知識として知っていたが、それ以外にもボーカリストを使ってやっていてビックリ。
それと、プロデュースをナイル・ロジャースがやっている曲が多く、ドラムの「スコーン」という音がガンガン響く感じで、時代を感じさせる。
同時期のミック・ジャガーのソロもそうだったが、今となっては古さを否めない。
なんか、今日の僕ちゃんはもっともらしいことを書いてるな。
残念ながら21世紀の今では中途半端に古くて、何度も聴く気にはなれないな。

*あくまでも、僕ちゃんにとっての最新作であって、ジェフさんは、この作品以降もバンバンアルバムをだしているのでヨロシク。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。