So-net無料ブログ作成
検索選択
JIMI HENDRIX ブログトップ

ジミさん300円 [JIMI HENDRIX]

resize1060.jpg

2枚組の新作として発表されるはずが、ジミの急死後にさまざまな企画盤でバラバラに 発表されていた17曲をこの1枚に完全収録。ロックの未来を映し出す名盤といえよう。 (Amazonより)

ジミさんの4作目のオリジナルアルバムはこういう感じになっただろう、と言われて
も結局は、闇の中なのだよ。

ジミさんは、オリジナル盤以外にも、よくわからん編集盤やライブ盤も持っている
ので、聴いたことがある曲がたくさん入っていた。

ワタクシが300円でゲッチュウしたのはCDのみのやつで、DVDは付いてません。
DVD付きのやつを買っても、1回くらい観るだけで、ほとんど観ないのよね。



こんなのもあるのね。
彼のカタログの権利がソニーに移ったことにより日の目を見ることとなった未発表
スタジオ音源集。
ソノウチカイマス。



まずは、この1曲目でノックアウトです。


ファースト・レイズ・オブ・ザ・ニュー・ライジング・サン(DVD付)

ファースト・レイズ・オブ・ザ・ニュー・ライジング・サン(DVD付)

  • アーティスト: ジミ・ヘンドリックス
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2010/03/10
  • メディア: CD





スバルでジミヘン [JIMI HENDRIX]

http://www.subaru.jp/about/cm/legacy/index.html#OneOnly

Title 「One&Only」篇 をクリック!

久しぶりに、テレビCMにオヨヨ、と目を凝らした、というか
耳を澄ませた。
ジミヘンの曲が流れているではないか。

jerectoric.jpg

カッチョ良いね~。
我々のような人間にはインパクト強烈でしたね。
エレクトリック・レディ・ランド、速攻で聴きましたよ。
そのことをこの前、同級生と飲んだときに話をしたけど、製作する
偉い人たちが、俺たちと同年代なんだろう、という話になった。
トヨタもクリムゾン使ってたしね。

車は買えないけど。

スーパーギタリストのライブを聴く・・・その1 [JIMI HENDRIX]

先日のボブ・ディランさんの記事で書いた30周年コンサートの中で、プリテンダーズのボーカルの人がジョージ・ハリソンさんを紹介する時にギターヒーローだったかスーパーギタリストと言って、ジョージさんを紹介したのだが、僕ちゃんには違和感が・・・
でてきたジョージさんはアコギで2曲歌ったが、ギターソロなんてなかった。

069.jpg

その点、このお方は問答無用、質実剛健、唯我独尊、風光明媚、西表山猫、味噌松前というくらいの正真正銘のギターヒーローでしょう。

どうもこのジャケットだとかっこ悪いので、UK盤をネットで物色したことがあるが、CDは廃盤、レコードもUKオリジナルではとても手が出る値段じゃないし、国内盤でも入札で負けを繰り返して、落札をできないでいた。
そうこうしているうちに、ジミの紙ジャケが再発売されたので、US盤のジャケットであっさり購入。
この人形のジミの横に立っている金髪の人形はブライアン・ジョーンズといわれている。

austin6st-img600x450-1248090257h6hzvn23806.jpg

さて内容ですが、最初の数回聴いた感想は、有名なヒット曲が入っていないのでなんか地味で、あまり何度も聴いていませんでした。
ところが、最近のCD買えない3ヶ月のおかげで、ヘビーローテしているうちに、お気に入りになってしまいました。
スルメ・アルバムでございます。

動くジミヘン [JIMI HENDRIX]

5月にBS2で放送されたジミヘンのライブが再放送されたので、今回はきちんと受信料も契約しているのでバッチリ録画して観ました。

僕ちゃん、これだけ長く動くジミヘンを観たのは今回が初めて。
映像で観て初めて、ジミのトリッキーな弾き方がわかった。
これだけ弾けば、某御大のようにポーズを決めるなんてできないよなあ。

なぜか解説が三味線の吉田兄弟だったのですが、僕ちゃんが映像を観て気になった点を後から解説してくれた。
ジミが演奏中や曲間にアンプのところでツマミをいじったり、スタッフと耳打ちしたりするシーンが何度か出てくるんです。
昔は、こうやって自分でアンプの調整したのかと思いきや、当日は、音響の調子が悪かったらしい。
それで、自分でツマミを何度もいじっていたそうだ。
かゆいところに手が届いたぞ、吉田兄弟!

あと、吉田兄弟はジミの演奏を「イッてる」と表現していたが、まさしくその通りだと思った。
もしかすると「イッてる」を超越して「神が宿っている」という感じも。
とにかくスゴイ。

しかし、このライブの2週間後にジミは帰らぬ人となる。
なんか、とにかく「スゴイ」しか言いようのない映像だった。



世界エロジャケ選手権 [JIMI HENDRIX]

ero1

ジミヘンのエレクトリック・レディランド。
世界エロジャケ選手権があれば上位に食い込むこと間違いなしだな。
僕ちゃんが高校生の時にみっつ氏の家でこのジャケットを見たときは
思わずゴックンしたかどうかは思い出せないくらい昔の話だ。
たしか、レコード時代は2枚組で、見開き仕様となっていたのだ。
僕ちゃんが持っているCDのエレクトリック・レディランドは1枚物になって
しまい、ジャケットもこんな写真に変わってしまったのだ。
どうやらエロエロすぎて各国で販売禁止か自粛になっているみたい。
音楽なんだから中身が同じならいいでしょ、というかもしれないが、
やっぱりそれだけではないのだな、これが。

jimi こんな写真に変わってしまったのだ。どうやらエロエロすぎて各国で販売禁止か自粛になっているみたい。音楽なんだから中身が同じならいいでしょ、というかもしれないが、やっぱりそれだけではないのだな、これが。


ジミヘンはドラッグか? [JIMI HENDRIX]

イオンのタワーレコードに行ってきた。オークションで買うと送料、振り込み手数料込みで7~800円くらいで中古CDを買えるので、節操なく買ってしまうjimi2 ので「多少高いけれども、そこだと吟味して買うだろう」と自分を戒めるのではなく慰めるためだ。今日買ったジミヘンのデビューアルバム「アー・ユー・エクスペリエンスト?」は日本盤とUS盤では曲順とジャケットの写真が違い、US盤の方がイカしているというので、そっちが欲しかったが日本盤しかなかったのでそれにした。1,470円とお手頃プライスだった。駐車場に戻りカーステにセットし、ボリュームをグァンと上げて聴いたら、まるでタランティーノの映画の中で、中南米をオープンカーで運転している感じ(そんなのあるかい?)になった。とにかく、まったくの別世界に僕ちゃんを連れて行ってしまったのだよ。行くは「逝く」か「イク」っていう感じ。これは「ヤク」なんじゃないか?僕ちゃんは何故20年間もジミヘンから隔離された世界にいたのか?凄すぎる。近々「エレクトリック~」も購入間違いなし。


ジミヘン [JIMI HENDRIX]

僕ちゃん、やっぱりジミヘンまできちゃいました。僕ちゃんの体は、よりハードに、よりブルージーな方向に向かっているようだ。昨日も、ヤードバーズのレコjimihen ードを落札し、ジョンメイオール&ブルースブレイカーズも物色中だ。ジミヘンを初めて聴いたのはまたもやみっつの家で、裸の女がいっぱい横たわっているエロいジャケットのやつだった。ジミヘンといえばギターを壊したり、歯でギターを弾いたりする「変態ギタリスト」という印象しかなく、10代の僕ちゃんには理解不能だった。それなのに、2枚LPを持っている僕ちゃんって自分でも不思議です。ジミヘンが生前に出したオリジナルアルバムはたったの3枚だけらしい。あとは彼の死後に未発表テイクを編集したものなのだ。僕ちゃんが持っている2枚もその編集アルバムだった。(最近まで知らなかった。)僕ちゃんはそのアーティストの意思が入っていない編集アルバム(ジミヘンの場合、死後に発売されているので完璧にそうだよね)というのは自分のポリシーに反するのでイマイチだ。そういうわけでオークションを探しているのだが、ジミヘンのオリジナルLPはちょっと高い。これなら新品CDを買ったほうが良い感じなのだ。しかし、60年代の音楽はレコードで聴きたい僕ちゃんなのさ。


JIMI HENDRIX ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。