So-net無料ブログ作成
ERIC CLAPTON&CREAM ブログトップ
前の10件 | -

E.Hエリックさん250円 [ERIC CLAPTON&CREAM]

ランキングー発表中でも地道にCDは買っていたわけで。。。
ブック○○250円コーナーハンターの異名を取る(笑)ワタクシは
これをゲット。

resize1047.jpg

500円コーナーからラベルを張り替えられ、250円コーナーに
やってきた新入りのようでした。

たぶん、新品で輸入盤で1,500円も出しては絶対に買わないです。
中古で500円でも買わないね。
ストーンズのように宗教に入っている方のは、嫌々お布施を払い
ますが、エリックさんは、それほど信者というわけでないので。
お祭りの寄付なら、仕方なく払います、っていう感じか?

resize1048.jpg

ストーンズもそうだけど、もう最近のは「だからどうなの?」っていう
感じです。
このアルバムも「ふ~ん」っていう感じ。
それ以上でもそれ以下でもない。

当然、エリックさんの新作も買ってません。
まず、あのジャケでボツです。
勘弁してください。

と、スローハンドを聴きながらこの記事を書いているのでした。


レプタイル

レプタイル

  • アーティスト: エリック・クラプトン,エリック・クラプトン,ジェームス・テイラー,チャールズ・カルホーン,ジョー・トーマス,J.J.ケイル,レイ・チャールズ,サイモン・クライミー,スティービー・ワンダー,マーレイ・メンチャー,ドイル・ブラムホールII,ハワード・ビグス
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2001/03/02
  • メディア: CD



nice!(9)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クリーム [ERIC CLAPTON&CREAM]

resize0142.jpg

昨日からBS-hiのワールド・プレミアムライブ・スペシャルで
レジェンド・オブ・ロックというシリーズをやっている。
昨夜はポリスでした。
酔っ払って9時過ぎに寝てしまったため、丁度11時半の
放送開始の時に目が覚めて、バッチリ見ました。

今夜は、クリームだよ!
2005年の春に行われた37年ぶりの再結成ライブの映像です。

さて、最後まで寝ないで観られるか!?



nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

デラックス [ERIC CLAPTON&CREAM]

縄跳び3セットに一万歩歩行を義務付けて二日。
今まで、朝だけ担当だった愛犬モカの散歩(といってもここ数ヶ月は公園に行っても
縄跳びをしているので、モカの下の世話は妻がやっている)を夕方も僕ちゃんが担当。
銀行も今まではチャリで行ってたのを徒歩に変更。
夕方6時の時点で9,800歩。
これで自宅まで歩いて帰れば本日も達成です。

resize306.jpg

クラプトンの旧規格CDは、とにかく音が悪い。
洞窟の中でこもってモワンモワンという感じ。
これとスローハンドは買い換えたいと思っていた。
461の方はデラックス・エディションでライブ盤とボートラがついたのが以前から出て
いたのだが、先日SHM‐CDで紙ジャケとしても発売された。
ただ、意味わかりません。
紙ジャケってミニチュアLPのことじゃないのか?
なんでLP時代は1枚だったレコードをCD2枚にして紙ジャケなの?
LP時代のジャケットとは違うっていうことだよね。

resize307.jpg

それと、SHM‐CDと称して値段を引き上げているメーカーのやり方についていけないので
SHM‐CDは買わないことにしています。
そういうわけで、中古で普通のCDを買いました。
でも、以前の旧規格盤と聴き比べたら雲泥の差。
各パートの輪郭がハッキリしていて澄んでいる、とでもいうのか?
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

クラプトンのライブ [ERIC CLAPTON&CREAM]

先日、BShiでクラプトンの2001年日本公演の放送があった。
我が家は、テレビはBSデジタル対応なのだが、レコーダーが非対応なので
ラインでレコーダーに出力して録画した。



ラインで出力するということは、その間、ずーっとその番組をテレビで
流しておかなければならないのだ。
夜11時半から2時間の放送だったので、テレビをスリープタイマーにして
録画をした。
面倒くさいですね。

それは、まあ良しとして。。。
HDDに録画したものをDVDに落とそうとしたが、できなかった。
デジタル関係は1回はコピーできると思っていたのだが。。。
コピーでなく「移動」ということでHDD内のものを移せたのに。
移動すらできない、という番組もあるのかな?
仕方がなく、再びラインでテレビからVHSに落とした。
当然、画質は劣化しております。
文字も滲んでおります。
せっかくのハイビジョン放送がみるも無残な姿に・・・

ちぇっ。

今年初ロック [ERIC CLAPTON&CREAM]

410MX04VWAL__SL500_AA240_.jpg
暖冬のおかげで氷上ワカサギ釣りの解禁が遅れたので、月初めはコソコソ
ヘソクリで何枚かCDを買っておりました。

エリックさんのこのCDは紙ジャケ。
例の「紙ジャケ売れ残りいっぱいあるぞショップ」で買いました。

エリックさん自身、自分の中で一番のお気に入りと公言していたアルバムです。
この頃のエリックさんのアルバムって女性バックコーラスがとても効果的で
僕ちゃんも好きです。
ギターよりも歌の方に重きがいっています。

昨年はロッドさんとフェイセズに重点を置いて買っていたつもりだったけど
実はエリックさん関係の方がいっぱい買ってしまったかもしれない。




21世紀の音楽その2 [ERIC CLAPTON&CREAM]

31mmQr6m1FL__SL500_AA180_.jpg
前回の21世紀の音楽はロッドさんの20世紀のロックのカバー集だったので、なんか21世紀といっても微妙な21世紀のような気がしたが、こちらは純粋な21世紀の音楽だ。
昨年発売された前作はまだ聴いていないのだが、このJJさんとのダブルネームのやつは買っちゃった。(来年中には買う予定)
最近のクラプトンさんのはBBさんのとロバジョンさんのやつしか聴いていない。

中味は可もなく不可もなく、と言う感じでしょうか。
ロッドさんのと同じく、FMラジオからずーっと流れているような感じ。
そういうわけで、無意識にヘビーローテになっております。

たしかに、昔のロックが好きなんだけれども、10年間の空白がなかったら、もっと今のロックも聴いていたと思うんだよね。
とにかく今は、失われた10年を取り戻し、さらにジャンプアップするのにお金がかかってしまうのよね。
ネット通販のウイッシュリストが買っても買っても減らないのよ。

モノとステレオ [ERIC CLAPTON&CREAM]

518XOeV-J8L__SL500_AA240_.jpg
ジョン・メイオールさんのところにヤードバーズをやめたクラプトンさんが、ちょこっとだけ在籍して残したアルバム。

いろんな方の音楽ブログを見ていると、オリジナル盤のレコードが良いとか、ステレオ盤よりモノラル盤が良いとか、こだわりがあるんですねえ。
僕ちゃんは、モノラルもステレオもこだわりなく聴いていました。

ところが、このCDは1枚に同じ曲でステレオバージョンとモノラルバージョンの2パターンが収められているのね。
後学のために購入してみることに。
紙ジャケとプラジャケがあったけれども、レコードを持っているやつは紙ジャケを買わない主義なのでプラジャケを購入。
(価格差が900円というのもネックだった。)

早速、帰り道に車で聴いてみたのだが、曲によってはモノとステレオの違いがわかったが、イマイチわからないものもあった。
そこで、家のステレオでヘッドフォンをつけて再び聴いた。
すると、違いは歴然だった。
ステレオバージョンはまさしくステレオだったし、モノラルバージョンは頭の上だけで鳴っているという感じかな。
それと、モノラルだと聴こえない楽器の音もステレオだと聴こえる曲もあった。

もとものとのアルバムに別バージョンを追加するやり方には反対派なのだが、こういう割り切ったやり方は賛成です。

もうすぐトップテン [ERIC CLAPTON&CREAM]

51SSTS4SPTL__SL500_AA240_.jpg
クラプトンの紙ジャケが売れ残っていたので、例の某ショップで購入。
これはブラインド・フェイスからデレク&ドミノスの間に作られた、クラプトン初のソロアルバムだ。
ずっと「461~」が初のソロアルバムだと思っていた。
デラボニたちとアメリカ南部に傾倒していた時のアルバムで、いわゆる「スワンプミュージック」というやつだね。
resize0124.jpg
この頃のアルバムってスタッフで集合写真を撮っているのがあるのね。
ロッドさんが2枚くらいやっているし、他にも見たことがあるような。。。

盛岡中古レコード市戦利品・・・最終回 [ERIC CLAPTON&CREAM]

61CB800R5BL__SL500_AA240_.jpg
最近の若者というのは、レコードのジャケットを部屋に飾るのが目的でLPを買いに来ているらしく、僕ちゃんが一生懸命物色している横で、そういう会話をしている若者がいた。
「これ、俺の部屋にいい感じ」などということをしゃべっているのだ。
たしかに昔のLP時代は、いわゆる「ジャケ買い」というのもやったし、実際にカッチョいいレコードのジャケットは部屋の壁に飾っていた。

このクラプトンのレコードも、ジャケットが気に入っていて購入リストに入っていたのだ。
格安コーナーやロックコーナーをほとんど見終わっていたのだがなく、半ば諦めていたのだが、最後のロックコーナーにこの1枚があった。
しかし、945円とちょっと高め。
しばし悩んだのだが、隣の若者が「このジャケいいじゃん」とか言われてゲットされたら悔しいのでキープすることにした。

中味は前作の「461オーシャン~」からの流れの作品で、レゲエ調の曲が印象に残る。
盤の状態は4段階評価の上から2番目だったのに、プチプチ音がかなり入っていて、今回購入したレコードの中では一番最悪。
それも、2枚組みでなく1枚で945円もして盤状態の評価もそれなりだったのに。
早速、得意の木工ボンドクリーニングを施してみた。
見事にプチプチ音が消えました。

さて、今回の中古レコード市では2枚組み2タイトルを含む合計5タイトルのレコードを約4千円でゲット。
まあ、某オークションで送料と振込み手数料を含めた金額と同じくらいで購入した。
本当は「これも欲しい~」というのが2枚ほどあったのだが、じっと耐えました。
次回はまた4月にあると思うので、へそくりに励もうと思います。



盛岡中古レコード市戦利品・・・その3 [ERIC CLAPTON&CREAM]

612C35MFF0L__SL500_AA240_.jpg
3枚目はクラプトンでした。
別に欲しいと思っていたものではなかったのだけれども、見つけたらキープしていた。
クラプトンは、「安息の地を求めて」と「レインボーコンサート」の2枚を某オークションでウォッチリストに入れていたのだが。。。

これも特価品コーナーというところにあり、最初に見つけたのは790円だったのだが、もう1枚390円で同じものを見つけ、そちらに交換。
盤の状態は良く、ラッキーだった。

このアルバムはジャケ写のようにとてもリラックスした雰囲気のクラプトンが聴ける、という話をネット上で事前知識として持っていたが、実際そうだった。
390円衝動買いにしては、なかなか良いです。

それにしても、これでクラプトンのソロアルバムだけでも10枚くらいになってしまった。
「ギターの上手いヘタウマ歌手」と揶揄していたのに。
実は、そのヘタウマが好きなんだろうな。

この時点で約2,400円のお買い上げ。
予算はへそくっていた3,000円だったので、あまり残りはないのだが特価品コーナーには目ぼしいものを見つけられず、最後のUKロックコーナーへ移動。
果たして、僕ちゃんはなにか良いブツをゲットできるのか?

つづく


前の10件 | - ERIC CLAPTON&CREAM ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。