So-net無料ブログ作成

年末年始勝利品 [JAZZ]


image-20140205205238.png

年末年始のオークション戦利品。
上限500円という厳しいルールを自分にかせているので、なかなかゲットできません。

ジャズは基本レコードと決めているし。

ケニー・ドーハム良いよ。

キース・ジャレット [JAZZ]

71gnGaufTHL.jpg

今から27、8年ほど昔。
CDをいちいちコンパクトディスクと言っていた頃。
ボクは、これにけっこう早く飛びついた。
ディスクをプレーヤーにセットすると、レコードのようにブツッという
音もせず、いきなり演奏が始まることに感動した。

そう、このアルバムこそ、ボクが27、8年前に一番最初に買った
コンパクトディスクのうちの一つなのだ。



Honeydrippers 1

Honeydrippers 1

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Rhino / Wea
  • 発売日: 2007/04/03
  • メディア: CD




ガウチョ

ガウチョ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2011/10/12
  • メディア: CD



これが、最初に買った3枚。
今でも、覚えているのでした。



なんで、これを買ったのか?
全く覚えていません。
キース・ジャレットという方の存在すら知らなかったはずの自分。(ずぶん)

唸り声が気になりだすと拒絶反応が起きます。
喘ぎ声よりは良いでしょうか?


星影のステラ

星影のステラ

  • アーティスト: キース・ジャレット・トリオ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2003/04/23
  • メディア: CD



これ以降、JAZZに目覚めることは今年までなかったのよね。
nice!(11)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビル・エヴァンス 「Sunday at the Village Vanguard」 [JAZZ]

ビル・エヴァンスと言えば、昨日の記事の「Waltz for Debby」が
有名なのですが、実は、このアルバムは1961年6月25日、NYの
Village Vanguardでのライブを収めたもの。
つまり、「Waltz for Debby」と同じ日の模様なのです。

ビル・エヴァンスの「片腕」と言われたベーシストのスコット・ラファロ
がこの演奏の11日後に交通事故で急死するのです。
それで、スコット・ラファロのプレイが目立つ方を追悼盤
「Sunday at the Village Vanguard」とし、それ以外の方を
「Waltz for Debby」として発売したのでした。

51pcW0q-OIL__SL500_AA300_.jpg

ボクは、超有名盤の「Waltz for Debby」よりも先に、こっちの方を
持っていましたけどね。



ピアノ・トリオっていう形態を確立したのは、このビル・エヴァンス・トリオ
なんだってね。


Sunday at the Village Vanguard: Keepnews Coll

Sunday at the Village Vanguard: Keepnews Coll

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Riverside
  • 発売日: 2008/10/30
  • メディア: CD



ドチラモキイテミルヨロシ。
nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビル・エヴァンス「Waltz for Debby」 [JAZZ]

昨日、一昨日とジャズ女性ボーカルを紹介したが、これでJAZZに少しは
いける、と思ったら次はピアノのJAZZに行ってみましょうか。

3075a1909fa0a1cf3ae1d110_L__AA300_.jpg

ビル・エヴァンスの「Waltz for Debby」です。
ボクが一番好きなジャズピアニストです。
タイトル曲の「ワルツ・フォー・デビイ」は、初リーダーアルバム「ニュー・ジャズ・コンセプション」
収録された1分少々の曲で、ビルの姪デビイに捧げられたものらしい。

まあ、聴いてみますか。



ライブハウスの「ヴィレッジ・ヴァンガード」でのライブアルバムなのです。
ヘッドフォンで聴くと、客の笑い声や食事中の食器の音が聞こえます。
(このYOUTUBEの音源は何かは知りませんが、アルバムはそうです)

ピアノのJAZZは、トリオと呼ばれる、ピアノ、ベース、ドラムが聴きやすい
と思います。



Cool Struttin

Cool Struttin

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Blue Note Records
  • 発売日: 1999/04/07
  • メディア: CD



管楽器が入るとこのアルバムみたいにピアノの方がリーダーだったの?
っていうことになります。
ソニー・クラークってサックスプレイヤーだと思っていました。(汗)


Waltz for Debby

Waltz for Debby

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Ojc
  • 発売日: 2006/08/24
  • メディア: CD




nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヘレン・メリル [JAZZ]

んでもって、女性ジャズ・ボーカルの続き。

4183T3TXRJL__SL500_AA300_.jpg

ハイ、青江美奈です。

なんてね。

2.3年前かな。
仕事でアナログ音源をCD-Rにするサービスをやっているのですが、そこで
持ち込まれたのがこれでした。
ドキュンときました。
倫理上、お客様のやつをピーコするわけにはいかず(別に個人で楽しむなら
良いのだろうが、ボクのポリシーが許さないのだ)とりあえずレンタル屋から
借りました。w



すごく有名なアルバムだったことは後から知りました。
その時の感性だけで、ボクは気に入ったけれども。

このアルバムでラッパを吹いているのは、クリフォード・ブラウンさんという
超有名人だと、この記事を書くために調べて知った。
その人のソロアルバムは購入リストに入っているのだった。


Study in Brown

Study in Brown

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Polygram Records
  • 発売日: 2004/05/13
  • メディア: CD





有名どころ。
ヘレン・メリルでピンとこなかったらあきらめた方がいいかも。


helen merrill

helen merrill

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Polygram Records
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD



是非ともレコードで購入したい1枚です。
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秋の夜長、皆様いかがお過ごしでしょうか [JAZZ]

お久しぶりです。

8月の豪雨被害でボランティア活動に明け暮れて、秋の婚礼シーズン
に突入してしまい、全く休みもなく働き続ける小作人でございます。
いつもなら、日曜日に一日くらいオフがありそうなものなのですが、
全くありません。
平日はオフみたいなものなのですが、職場放棄を許されず悶々と
過ごすエブリデー。

まあ、毎年、こんな感じなので、秋になると音楽に走るのですよ。
それしか息抜きできないもの。
それが、ブルーズの年だったり、プログレの年だったりするのですが、
今年はJAZZの年でございます。

すっかり、JAZZにはまってドップリでございます。
さっぱりロックなど聴く気にならないのですよ。

前々回、JAZZにはまっていることを記事にしたところ、何を聴いたら
いいのか、と尋ねられました。
でも、ボクも「なんちゃってJAZZ野郎」なので、講釈をたれる身分では
ございません。
2か月弱考えておりました。

ボクのJAZZとの出会いは、高校でブラバンに入ったのがきっかけでした。
県民会館の大ホールで年に一回、定期演奏会を開くのですが、そこでの
2部で、ブラバンの精鋭たちのJAZZ演奏があるのです。
そこでギターを弾かせるから、と先輩に騙されて入部したのです。(汗)

そういうわけで、時々、盛岡市内のジャズ喫茶に先輩たちに連れていかれ
たのがJAZZとの出会いだったのです。
清水町の「チェック」というジャズ喫茶でしたが、検索しても全然でてこない
ので今はないのでしょう。

396069_222084401204172_406108085_n.jpg

入部の時に、楽器は何でもいい、と言ったらフルートにされました。
その後、フルートってどうよ?と思いサックスを自主練しましたが、一度も
陽の目をみることなく強制退部。(汁)

コルトレーンとかロリンズさんのLPを買いましたね。
でも、これからJAZZを聴いてみたいなら、ボーカル物から入ったらどう
なんでしょうね?
そっちの方が、聴きやすくないですかね?

51oA-fHKoaL__SL500_AA300_.jpg


エラ・フィッツジェラルドさんとルイ・アームストロングさんのやつです。
ボクは、デカジャケっていう一瞬にして消えたやつでCDを持っています。
女性ボーカルのJAZZが好きなのです。




エラ・アンド・ルイ

エラ・アンド・ルイ

  • アーティスト: オスカー・ピーターソン,ハーブ・エリス,レイ・ブラウン,バディ・リッチ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2011/07/20
  • メディア: CD



どうしても小林克也に見えてしまいます。
nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コルトレーン聴きながら煙草をふかしたね [JAZZ]



コルトレーン聴きながら煙草をふかしたね
「平和(ピース)」はほろ苦い味がしたけど


SEVENTH AVENUE SOUTH

SEVENTH AVENUE SOUTH

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2013/04/10
  • メディア: CD



高校1年時に聴いた南佳孝のアルバムに入っていた
「コルトレーン」という言葉で彼を知りました。

IMG_31.jpg

実は、最近JAZZにはまっております。

密林だと700円台~900円台で有名なJAZZのアルバムが買えます。
とりあえず、JAZZ100選とかいう感じの有名どころから買っています。
中には、1,500円とかするやつもあります。
その場合は、エアーメールです。
密林からの注文で、340円の送料で届きます。
そっちだと新品でも600円前後なので、送料込みでも1,000円以下なので
500円くらい安く買うことができます。



Violets for Your Furs
これ、良いっす。
でも、今回のアルバムには入っていません。
またのお楽しみです。
nice!(9)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

じゃじゃじゃJAZZ [JAZZ]

JAZZって良いよね。

たかだか、30枚くらいしかJAZZのレコード&CD持ってないけど。

初めてJAZZを聴いたのは、高校生の時に間違って入った(笑)吹奏楽部の
定期演奏会で、きちんとした曲以外にも、JAZZや歌謡曲なんかも演奏する
コーナーがあったわけよ。



フルート吹きだったワタクシは、これをヒアリングコピーして、ソロ演奏して
やろうと、ちょっとだけ頑張りましたが無理でした。(汁)

その後、よくわからないけど、Blue Note のJAZZレコードを何枚か買いました。

JAZZって、この時期のムッとした夕方に聴きたくなってくる。
でも、それほどJAZZにお金をかけられましぇん。
そういうわけで、レンタルしてCDにピーコ。

resize0092.jpg

よくわからないので、有名人のばかりですが。
サックス、ピアノ、ボーカルもの。。。見境ありません。
でも、おかげさまで、今のところ、???っていうアルバムに当たったことが
ありません。

resize0093.jpg

そんな中、DEBDYLAN さん推奨のCDを購入。
まさにジャケ買いです。
本当は、こういうのはレコードで欲しいんだけどね。

とにかく、夕方、リラックスしながらビールを飲みたい。
そっちかい!

nice!(9)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。