So-net無料ブログ作成
検索選択

The Language of Life [E.B.T.G]

若かりし頃、いろいろありますわなあ。
出会いと別れ。
何故か、CD没収とかね。汗
まあ、ボクが欲しいCDを買わせていたら、没収されますよね。
お察しください。

ebtg.jpg

1990年発表。
Everything But The Girl、好きだったんですよ。
グループ結成前のソロの時代から各々。

この度、没収25年を記念して、再購入いたしました。
CD-Rにピーコして聴いてはいたのですが、どうしてもパッケージ
持っていないと納得できない世代なもんで。

iphone/image-20150408082746.png

某オークションで紙ジャケCDで500円でゲッチュウ。
ラッキーでした。
レコードと違って送料も安いしね。
レコードだとゆうメールで300円~400円の送料がかかりますが
CDだと140円~せいぜい200円。
地方在住者は、中古レコード・CDを購入するのはオークションが
一番手っ取り早いから。

盛岡に行けば何軒か中古レコード屋さんがあるが、相場が高い
のよねえ。。。

iphone/image-20150408082754.png

この次の「Worldwide」までは順調にアルバムをリリースしていた
のだが、ベン・ワットが難病に罹り生死をさまようことになる。
その間、編集盤やベスト盤がちょこちょこ発売されたが、1994年に
「Amplified Heart」が発売された頃には、ボクも結婚したり転勤が
続いたりで環境が変わっていって聴くことがなかった。



このけだるいボーカルが良いのです。



Style Councilのアルバムではリードボーカルをしている曲もあります。

Language of Life

Language of Life

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Atlantic / Wea
  • 発売日: 1990/02/08
  • メディア: CD



オシャレなお姉さん方の必須アーティストだったのかな。


トレーシー・ソーン 遠い渚 [E.B.T.G]

10代の頃に買ったレコードのエピソードを懐かしむシリーズ継続中。

iphone/image-20150303221915.png

このレコードほど、ボクの知らないところを巡り巡ったものはないだろう。

高校生の頃は、貸しレコード屋がメインだったが、友達同士の貸し借りも
重要な音源入手の手段だった。

このトレーシー・ソーンのミニ・アルバムは、ボクの仲間内で超人気盤で
友達に貸したらそこから又貸しされていたり、一度貸した友達から、再び
ダビングを頼まれたから貸して、っていうパターンがすごかった。

iphone/image-20150303221923.png

解説を読んでみると、ウイークエンド、アンテナ、ヤング・マーブル・ジャイアンツ、
マリンガールズ等の当時のオシャレなバンドの名前が出てきて懐かしい。
まだ、ネオアコっていう言葉も出てきていない。

ラフトレードとかチェリーレッド・レコードとかのレーベルのレコードを知って
いると、なんかオシャレに思われたものだ。(と、自分は思っている)

iphone/image-20150303221906.png

この後に、ベン・ワットとエブリシング・バット・ザ・ガールを結成すると思って
いたが、解説にはすでにシングルを出している、と書いてある。
これを買って、ベン・ワットのソロを買って、その後にエブリシング~の1st.を
買った記憶がある。



velvet undergound &nicoのカヴァーです。
トレイシーはニコの影響も受けていたそうです。

A Distant Shore

A Distant Shore

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Cherry Red UK
  • 発売日: 1999/09/07
  • メディア: CD



湿式のクリーナーでレコードの掃除をしているのですが、プチプチ音が
消えませぬ。
1本3,000円のエキスを購入しないとだめかな。。。

トレイシー・ソーンのクリスマス・アルバム [E.B.T.G]



トレイシー・ソーン好きよ。
高1か高2の時に、このレコードを聴いてから。
ベン・ワットとエヴリシング・バット・ザ・ガールを結成してからも
「Worldwide」 まではちゃんと聴いていた。

この気だるい感じのボーカルが好きなの。
そんな、エヴリシング・バット・ザ・ガールも2000年に解散して
いたんだってね。
今回、この記事を書くにあたって知った。

写真 (6).JPG

今回、購入したのはトレイシーのソロ・アルバム
たまたまFMで流れていて知った。

エヴリシング・バット・ザ・ガール(EBTG)の顔として、90年代、オルタナ・ポップ・シーン の代表として大成功を収めたシンガー・ソングライター、トレイシー・ソーンからのクリス マス・プレゼント! トレイシー・ソーンによる、初のクリスマス・アルバムがリリース! 82年にソロとしてデビュー。その後EBTGとして活動を始め、数多くのヒット曲を輩出。 00年のバンド解散後は再びソロ活動を開始。10年にはEBTGの長年のパートナーで あり、人生のパートナーでもあるベン・ワットのレーベル、よりインディー回帰作『ラヴ・ アンド・イッツ・オポジット』をリリース、変わらぬ人気の高さを見せつけた。 2年ぶりの新作となる本作は、ソーン自身が「いつか作りたいと思っていた」という初の クリスマス・アルバム。クラシックのみならず、ホワイト・ストライプス、ジョニ・ミッチェル、 スフィアン・スティーヴンス、スクリッティ・ポリッティ、ロン・セクスミスなど世代も性別も 越えた幅広いウィンター・ロック・ソングをカバー! 更に、オリジナルの新曲2曲を収録 した、クリスマス・シーズンの決定盤がここに完成! アマゾンより。

写真 (5).JPG

陽気でないクリスマス・ソングのアルバム。
なかなか良いよ。


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

持っていたことを忘れていた [E.B.T.G]

51uBpSy-sUL__SL500_AA240_.jpg

僕ちゃんは、記憶力には自信があった。
変なことを良く覚えているな、と昔はよく言われたものだった。
しかし、最近は全然駄目ですね。
まず、ひとの名前が覚えられない。
覚えたつもりでも、すぐに忘れてしまう。

このCDも持っていたことすら忘れていた。
最近、職場ではFMでなく、CDを流すようにしているので、毎日
チョイスするのが大変だ。
CDは400枚くらいしか持っていないし、その中で職場でかけて
も大丈夫なものとなるとグッと減ってくる。

久しぶりにE.B.T.Gでも聴いてみるか、と棚を探してみるとこの
CDがあった。
E.B.T.Gは80年代の終わり頃好きで、良く聴いていました。
トレイシーとベンがソロでやっている頃からレコード買ってたし。
しかし、このベスト盤を持っていたのは忘れていた。
僕ちゃんは、基本的にベスト盤は買わない主義なので。
宗教に入っているストーンズやZEPは買っていますが。

ここで思いつきました。
あまり持ってないけど、次回からベスト盤シリーズいきます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今週は激しく聴きました [E.B.T.G]

エブリシング・バット・ザ・ガール結成以前、ソロとして活動していた彼の唯一のアルバム。リバーブの効いた繊細なギターと、朴訥としたボーカルがからむメランコリックな世界観が、秀逸なジャケットも含めて高い完成度を誇る隠れた名作。(アマゾンの商品説明より)

今週は往復4時間以上車を運転する用事があったので、車内でたっぷり音楽が聴けるな、ということで数枚チョイスして乗り込んだ。
ZEP、ストーンズ、オールマンBB、トレイシー・ソーンとこれだった。

トレイシーとこれはレコードからCDに落としたやつで、時間が短いアルバムだったので1枚のCDに焼き付けた。
僕ちゃんが高校生の頃に激しく聴いたやつです。
この頃の音楽は、中途半端に古臭い感じがするものが多いのですが、この作品は全然そういう感じがしないです。

チェンジャーでなくナビに入れて聴いたのですが、トレイシー~ベン~トレイシー・・・と何度も何度もそのままリピートして聴いてしまった。
まるで違和感がないのよね。

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。