So-net無料ブログ作成
ブリティッシュロック ブログトップ
前の10件 | -

FREEといえばアニマル・ケンなのだ [ブリティッシュロック]

ボクはこう見えて(どう見えて?)バンドマンだったのだ。
主にギターを弾いていた。

そのあまりある才能で、ブライアン・ジョーンズみたいに、ベース、キーボード、
アルト笛、ビアニカ、大正琴、トランペットなどもやりましたが。

ボクが高校生の頃に入り浸っていた喫茶店がありました。
中三デパートのタクシー乗り場側の向かいにあった「ティンカーベル」っていう
店でした。
そこのマスターは、バンドをやっていて、コンテストにもよく出ていました。
スタジオでレコーディングもしていましたっけ。

ボクのバンドも、そのマスターのコネで、たまにライブに出させてもらっていました。

そのマスターに
「ゴーゴーちゃん、ギターやるなら、フリーのギターを聴かなきゃだめよ、ダメダメ」
と言われたのよ。

なんすか、フリーって?
RCとストーンズとオーティスばかりのボクでしたから。

その喫茶店のマスターは、アニマル・ケンと言う名前で活動していました。
アニマル・ケンに言われるままに、内丸の輸入盤ショップに行って買ってきたのがこれ
でした。

iphone/image-20150312214142.png

フリーのアルバムがこれしか売っていなかったから、これを買ったのか、それとも、
これを買って聴けと言われたのかは記憶なし。

こいつら、こんなツラしやがって当時20歳前後でしたっけ?
ポール・コゾフの野郎、ふざけるな!ってね。

iphone/image-20150312213339.png

なんか湿っているのよね。
カラッとしていない。



いやあ、今聴くとスンゲーカッチョイイよね。
16歳のゴーゴー少年は、またしてもピンと来ず。


Fire and Water

Fire and Water

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Island UK
  • 発売日: 2003/06/17
  • メディア: CD



再びFREEを聴くようになったのは、40を過ぎてから。
アニマル・ケン氏とは単車の免許を取ってから一緒にツーリングに行きました。
店を菜園に移してバーみたいにしてからは疎遠になり、亡くなったらしい、という
噂を聴いてから10年近くになるでしょうか。

image-20150313085826.png

今でも、このレコードを聴くたびに、アニマル・ケン氏のことを思い出すのでした。


アヴァロン [ブリティッシュロック]

10代の頃に買ったレコードのエピソードを懐かしむシリーズ継続中。

iphone/image-20150306134454.png

ゴーゴー少年16歳の時にかなり流行りました。
ジャケットの左側もなんかの鳥に見えていました。汗


For Your Pleasure

For Your Pleasure

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Virgin Records Us
  • 発売日: 2000/02/25
  • メディア: CD


ロキシーは、みっつの家で聴いたこれが初体験だったはず。
土曜日の放課後、みっつの家でたむろしていたところにみっつの
兄が帰って来て「内丸レコードセンターで買ってきた」と言って
これを聴かせてくれた。

なんとも。。。という印象だった。

iphone/image-20150306134515.png

アヴァロンはビビってきました。
なんか深夜に聴いていた記憶が。
ドナルド・フェイゲンの「ナイトフライ」とかも同じようなイメージで
ちょっと背伸びをしている高校生でしょうか。

iphone/image-20150306134505.png

結局、ロキシーのアルバムは、ライヴ、ベスト以外のオリジナル作品は
1枚のぞいて全部買ってしまう。
ただ、今さら残りのい1枚を買う気はない。
今のボクの好みとはちょっと違うので。

アヴァロン(紙ジャケット仕様)

アヴァロン(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: ロキシー・ミュージック
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2015/01/28
  • メディア: CD





ポリドールだったので2,800円。
何度も書くけど、当時の洋盤は2,500円が基本。
ポリドールだけ洋盤も国内盤と同じ2,800円で売っていたので、頭にきていた。


メガネのエルビス 「Almost Blue」 [ブリティッシュロック]

10代で買ったレコードをクリーニングしながら、当時を懐かしむシリーズ。

iphone/image-20150302222159.png

ボクのコステロ初体験はこれでした。
1981年作品。
たぶん、ボクが高校1年の時点で最新作だったのであろう。

iphone/image-20150302222253.png

なんと、これもカントリーのカヴァー集ということで、先日の
リンダさんといい、オリジナルから入らないところがミソです。
っていうか、そんなことも知らずに購入したと思われ。。。
たぶん、ニューウエィヴの人と思っていたはず。

iphone/image-20150302222330.png

けっこう気に入って聴いていました。

ところが、コステロさんには走りませんでしたねえ。
CDの時代になって1枚、大人になってこれは持っていなきゃいかん、っていう
ことで1st.を1枚買っただけ。

This Year's Model (Dig) (Spkg)

This Year's Model (Dig) (Spkg)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Hip-O Records
  • 発売日: 2007/05/01
  • メディア: CD


最近、これのアナログを物色しているのですが、なぜか相場が高い。
人気なのかな?

Almost Blue (Dig) (Spkg)

Almost Blue (Dig) (Spkg)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Hip-O Records
  • 発売日: 2007/05/01
  • メディア: CD


ちなみに、このアルバムはあまり評判が良くないらしい。



これで良い雰囲気に持っていって。。。
以下省略。



nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アイムフリ~なのだ [ブリティッシュロック]

ワタクシが高校生の頃、入り浸っていた喫茶店があった。
そこのマスターはバンドマンで、県内では有名な(多分)バンドの
ボーカリストだった。
そのマスターのおかげで、我々は何度かライブをさせてもらったのだ。

そのバンドは、そのマスターが作詞、作曲をしていた。
(曲作りはベースでしていた、という話もあった)
時々、店に他のお客さんがいない時、スタジオ録音したオリジナル曲
を聴かせてもらったものだった。
ストーンズの曲と同じコード進行の曲があり、突っ込んだこともあった。(笑)

高校1年から2年の途中まではRCのコピーバンドをやっていたので
当然、ギターといったらチャボ様でした。
雨上がりやトランジスタラジオのように、ジャカジャ~ンとかき鳴らすの
に快感を感じておりました。

そのことをマスターに言うと
「あいつのギターなってねえ」とのお言葉。
「じゃあ、なんだったら良いんすか?」
「フリーだよ」
「フリー?自由っすか?」

resize0925.jpg

その後、内丸レコードセンターという陰気な中古&輸入レコード屋に出入り
していたワタクシは、そこでフリーの中古レコードを発見した。
それがこいつです。
今はクイーンと組んでいるポールさん。
こんなオッサン顔していますが、当時20歳です。



ギターのポール・コゾフさんは、「泣きのギター」で有名だったらしいが
1976年にドラックのせいで死亡。
フリーはこの他に2nd.とLIVEを持っているけど、聴き込んでいないなあ。

バック・ストリート・クローラー+15<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)

バック・ストリート・クローラー+15<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: ポール・コゾフ
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2008/11/26
  • メディア: CD


ソロアルバムは、国内盤だと3,800円のゲロ価格だけど、輸入盤なら
千円ちょっとで購入できるね。
自由研究しましょ。
nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウイスキーは「角」が好きだったが金が無い時は「レッド」だった [ブリティッシュロック]

先日のBSでやった「伝説のギタリスト」でロバートさんが「RED」をやっている
映像シーンが流れた。
「おー!かっちょいい!」



500円でしたがポチ。
無事落札。
エゲレス盤ですが、当然、オリジナル盤ではございません。

かっちょいいよねえ!

resize0794.jpg

クリムゾンは「宮殿」と「太陽の戦慄」しか知りません。
高校生のときに、ZEPファンのみっつ氏が
「これ、ZEPを追い越して1位になったんだぞ」と宮殿を聴かされ
ましたがピンときませんでした。
EL&Pをかけられると寝てしまいました。

でも、不惑を迎え、クリムゾン、イエス、フロイドは時々聴くように
なりました。
っていうか、時々、聴きたくなるようになりました。
でも、EL&Pはだめです。
いまだに、寝てしまいます。

「戦慄」は、レンタルCDをピーコしたものしか持っていないので
そのうち300円以下で漁る予定です。
「モノ」で持っていないとダメな年代なもので。





nice!(10)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

WHOのビデオを観ていたら。。。 [ブリティッシュロック]

先日書いたWHOのビデオに、ピストルズがWHOの曲を
演奏している映像が流れ、なかなかカッコ良かったので
映像を探してみた。



ピートさんの「パンクはロックのフランス革命だった。ビートルズも
ストーンズもフーも絞首刑だ」と言ってた。
でも、パンクのみなさんはフーはOKだったんだよね。
こうしてカバーもしているし。


勝手にしやがれ!!

勝手にしやがれ!!

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1999/09/29
  • メディア: CD



これに入ってるんだよな。
高校生の頃は聴いていましたが、さっぱり記憶がありません。
引っ張り出してみます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブラー [ブリティッシュロック]

ブラーだって聴くんです。
最近の、といっても1994年発売なので15年も前になるんですね。
でも、1994年なんて最近のことです。


パークライフ

パークライフ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2009/07/01
  • メディア: CD



ブリットポップっていうやつですね。

(ブリットポップ(Britpop)またはブリットポップ・ムーヴメント(Britpop Movement)は
1990年代にロンドンやマンチェスターを中心に発生したイギリスのポピュラー音楽
ムーヴメント。ビートルズなど往年のブリティッシュ・ロックからの影響が濃く、多くの
場合ブラーやオアシス、パルプらが中心となった1990年代半ばのムーブメントを指す。)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

そういう音楽は、古くなくてもやはり感じる物があるのです。

オアシスとのシングル同時発売対決、っていうやつは知っていました。
ブラーが勝った。

最近は、ほとんど活動をしていなかったらしいが、今年、再び活動を
再開するらしい。
このバンドも、可。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昔のライブ三連発 [ブリティッシュロック]

今日は仕事でムッタリヤキヤキしなければならなかったので
職場でかけるBGMはバリバリのライブでノリノリで行こう!と
決めていた。
ヤキヤキ仕事の場合、BGMでその進行具合が変化する
ような気がしております。

resize1082.jpg

最初は、久しぶりにパープルの「ライブ・イン・ジャパン」でしたが
ワタクシの体質に合いませんな。
ダメでした。

続いて、ZEPの「永遠の詩」の最強盤。
普段、職場には、通常盤の「永遠の詩」は常備しておりますが
やはり、最強盤の最初の数曲の流れは違います。
圧倒的にノリノリです。

最後にストーンズの「ラブユー・ライブ」で仕上げ。
無事に、この3枚(ZEPとストーンズは2枚組みなので合計5枚)
で、ヤキヤキ終了しました。
フウッ。(^・^)

これから、日曜日の準備でボランティアの肉体労働です。
雨が降っていてきついなあ。。。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

無性に聴きたくなる・・・その3 [ブリティッシュロック]



The Who - The Kids Are Alright

いやあ、狂おしいメロディ。
ギターやアンプを壊し、ドラムを「爆破する人たちの曲とは思えません。



Salt of the Earth - The Rolling Stones

ミックさんの顔が、なんとなくマイケルさんに似ています。



密輸入組合連絡。
これでしょうか?
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

かなり前に下書きしていました [ブリティッシュロック]

resize1040.jpg

昨年のレココレの80年代のベスト100でかなり上位に入っていたやつ。

ネオアコブームのやつで、タワレコの紹介POPに「スタイルカウンシル」
とも「アズティックカメラ」とも違う甘酸っぱい・・・のようなことが書かれて
いました。
そもそも、スタカンってネオアコか?
リアルタイム世代ですが、そういう感覚で聴いていませんでした。
アズティックカメラはネオアコと思って聴いていた。
あとは、トレーシー・ソーンやベン・ワット、スミス、ウイークエンドとか。

そうそう、リアルタイム・ネオアコ体験世代なのに、この方たち知りません
でした。
まあ、これも千円だったので、お試しで買ってみました。

感想は。。。
やはり、80年代というのはキビシイ。
中途半端なんですよ。
古すぎもなく、新しくもなく。
リアルで体験しただけに、どうもだめですね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - ブリティッシュロック ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。